ブログ

大豆を食べて身体の内側からムダ毛処理


私のムダ毛の悩みは、思春期の中学生くらいから始まりました。

小学生の頃から人よりムダ毛が多いかもと思っていましたが、その頃はあまり気にしていませんでした。
でも、年頃になってくると男子の目も気になります。

そして、腕や足以外のムダ毛がどんどん増えてきて人に見られては大変と毛抜きやカミソリで自己処理をするようになりました。
学生なのでお金は多く掛けられないのでムダ毛がなくなれば良いくらいの乱暴な脱毛をした結果、肌が荒れてしまい特にワキは色素沈着で黒ずんでしまいました。
ここからが私とムダ毛・脱毛の戦いの始まりだったと思います。
肌のためには脱毛しない方が良いのですが、見た目に恥ずかしいのでしない訳にもいかず、そのまま続けました。

しかし、それが悪化させる原因になってしまいました。

何とかしなければと思っていた時に大豆のイソフラボンが女性ホルモンと似た働きをすると知りました。
もともとホルモンバランスが悪かったので身体に良いかもと食べ始めたのですが、これが私には効果があったようです。もちろん、数ヶ月で毛が少なくなるというレベルではなく、年単位の長い時間がかかりました。腕や足は、毛が細くなり以前のような剛毛感はありません。
ワキは黒ずみも薄くなり、ムダ毛の全体量も減ってきています。
半分諦めていたので、外側からのケアは特に特にしていないので内側から変わっていったみたいです。大豆を食べ始めてから5年以上経ちますが、毎日しつこく食べていて良かったと今は思っています。

それでもやっぱりちゃんと綺麗なつるつる脱毛にしたい方は、奈良の学園前にあるレリエフがおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
内臓脂肪